サービス案内

   
   
このサービスで使用する
ICTサポートメニュー
閉じる
このサービスで使用するICTサポートメニュー
サポート
リモートサポート(コールセンター)
オンサイトサポート(現地訪問)
運用コンサルティング

サービスの特長

目視点検から超音波による非破壊点検まで、数多く点在する信号柱や照明柱等の鋼管柱の点検をサポートします。

非破壊点検の特徴

点検結果の定量化
点検結果の定量化INSPECTION RESULTS

測定データによる判定を行う為、
各設備における劣化の進行
状況を定量的に蓄積可能。

短時間作業
短時間作業SHORT TIME

鋼管柱の外側からの
超音波測定となるため、
掘削作業の必要がなく
作業工程を大幅に短縮。

低コスト
低コストLOW COST

掘削や埋戻し等の作業が
削減されるためコスト低減化や、
道路通行制限も
抑えることができ、
安全性も大幅に向上可能。

サービス概要

目視点検から超音波による
非破壊点検までサポートします

地中部が腐食している場合は、地上部まで錆が進行していることが多く、定期的な目視点検を行うことで折損事故の防止につながりますが、中には、根巻きのコンクリートにひびがあるなど、地上部に錆が確認できないにもかかわらず、地中部で錆が急激に進行しているケースも。
このような場合、掘削を伴わない目視点検で発見することは非常に困難となりますが、超音波による非破壊点検であれば掘削を行わず鋼管柱の内部や地中部の状態の診断が可能となるため、掘削試験よりも安価かつ短納期で、地中部の様子(腐食等の変状の有無、残存肉厚)を推定することが可能です。
NTTフィールドテクノでは、掘削を伴わない目視点検と非破壊点検の両方をサポートしています。

非破壊点検の特徴

・作業者の主観に依らない客観的なデータに基づく段階的な判定により、精度を高めることができます
・本サービスで使用する測定器はNETIS登録済みです

掘削前
掘削前

地上部では錆や腐食等は見当たらない

掘削後
掘削前

地中部では錆が進行

地中部錆の発生原因(想定)
地中部錆の発生原因(想定)

非破壊点検の実施タイミングと期待頂ける効果

非破壊点検の実施タイミングと期待頂ける効果

点検データを地図データに連動させれば一元管理が可能

測定した点検データを地図データに連動させることで、鋼管柱の一元管理が可能で、その他所有のインフラと
統合的なデータ管理も可能となり、ライフサイクルコストの低減にもつながります。

データによる管理画面
点検結果報告書イメージ

その他

料金やスケジュール等、詳細については別途お問い合わせください。担当者から後日ご連絡させていただきます。

お問い合わせはこちら

各種お問い合わせについては、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

NTT西日本グループの取り組み
災害に対する取り組み

「171」、「web171」、
「体験利用について」

お願い!

電話線の垂れ下がり等、
不安全な通信設備を見かけ
ましたらこちらへ。

通信サービスの使命

維持すべき安心と信頼を守
る取り組みをご紹介します

NTTグループリンク

NTTグループ各社のホーム
ページへはこちらから。